トイレや洗面台で起きる詰まりによる水漏れトラブル

トイレや洗面台の排水管などから水漏れが起きているという場合、その原因として考えられるのが何かを詰まらせてしまい、そのせいで排水管が破損してしまったというものです。トイレや洗面台は使う場面からどうしてもさまざまな物が流れるため、それが排水管に詰まるというトラブルも起きやすくなっています。

■流してはいけない物が原因になる

トイレや洗面台の排水管には、流してはいけない物がいくつかあります。トイレならば例えば水に溶けにくい紙おむつや生理用品、子供のおもちゃなどを流してしまうと、それが詰まってしまい排水管の破損に繋がるという場合が多くあります。これは洗面台でも同じで、水に溶けにくい物や固い物を流してしまうとそれが詰まってトラブルの原因になる場合があります。ですから流すならば水に溶けやすい物、小さい物だけにする事が重要です。

■大量の髪の毛なども原因になり得る

特に洗面台で考えられる原因が、大量の髪の毛や髭などを流す事で、それが溜まって詰まってしまうというものです。排水管はS字になっている場所もあり、そういった場合に曲がっている部分に髪の毛などが溜まりやすくなります。髪の毛などは細いので問題ないと思ってしまいがちですが、一ヵ所に溜まりすぎると大きな塊となり、排水管を詰まらせてしまいます。近年では排水管に詰まった毛を溶かすような洗剤も販売されていますから、時々そういったもので掃除をするようにしましょう。

■まとめ
トイレや洗面台の排水管が詰まってしまうという場合、何かしらの物が詰まっているという事が原因になります。水漏れに気付かずに使い続けると破裂などの危険もありますから、流して良い物とだめな物、そして詰まる原因になりやすい物を知っておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ