トイレの水漏れはパッキンの劣化でも起こる

トイレの水漏れが起きる原因として考えられるもののひとつに、パッキンが破損しているというものがあります。パッキンはゴム製なので破損しないと考えがちですが、実際には経年劣化してしまう事も多く、水漏れが起きた時にはこのパッキンを調べてみると良いでしょう。また、パッキンは自分で交換する事も可能なので慌てずに対処する事も重要です。

■パッキンを交換する時に

交換は自分で行う事もできますが、その前にしておきたいのが配管サイズを自分で調べる事です。トイレによって配管のサイズが違うため、パッキンもそのサイズに合わせた物を購入しなくてはいけません。配管サイズの調べ方はノギスを使うと便利で、ノギスを使って配管の内径を測るようにしましょう。この配管サイズを測っておかないと、パッキンを購入する際にピッタリのサイズを購入できず、水漏れの修理ができないので注意が必要です。

■購入する時のポイントは

パッキンを購入する時のポイントとしては、サイズをきちんと把握しておくという事です。住宅に使われているサイズは現在2種類しかないので、きちんと事前に配管サイズを測っておけば探す事は難しくありません。購入さえしてしまえば交換は難しくありませんから、配管サイズを事前に確かめてスムーズな購入ができるようにしておきましょう。


■まとめ
トイレの水漏れなどが起きた際に、その原因がパッキンであるならば自分で交換する事ができるので工事を業者に依頼する手間や費用を抑える事ができます。交換そのものは難しい事ではなく、きちんと事前に配管サイズを測っておけばパッキンを購入しやすくなるので、トイレの水漏れが起きた時にはこういった方法での対策も考えておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ