トイレなど水回り全体に影響がでる給水管の水漏れトラブル

トイレなどで水漏れが起きた時に、その原因として考えられるもののひとつに、給水管の破損があります。給水管の破損による水漏れは早めに対処しないとさまざまな場所でトラブルが起きてしまう場合がありますから、どういった原因で給水管にトラブルが起きるのかをきちんと知っておき、トラブルが起きた時にすぐ確かめられるようにしておきましょう。

■経年劣化による破損

給水管が破損してしまう場合の原因としてまず考えられるのが、経年劣化によるものです。金属でできている以上、どうしても長年使用し続ける事で錆びてしまい、そこから腐食が進んで破損してしまう事があります。特に建築年数の長い建物の場合、意識していないとどうしても同じ管を使い続けているという事が多く、その場合経年劣化による破損が起きてしまう事があります。トラブルが起きた時にまず確認してみて、酷く錆びているような場合は経年劣化による破損を疑うようにしましょう。

■繋いでいる箇所の緩み

水漏れなどの原因として多く考えられるのが、管と管を繋いでいる箇所が緩んでしまって、そこから水漏れが起きるというものです。トイレなどの排水管でも同じ原因で水漏れしてしまう事があります。これが原因である場合、確認もしやすいですからトラブルが起きた時に軽く繋ぎ目を触って確認してみると良いでしょう。また、この原因でトラブルが起きた場合、自分で対処する事も可能なので費用を抑えたいという時にはレンチなどで締め直して対処すると良いです。給湯器 水漏れにおいても試してみる価値はあります。

■まとめ
トイレなどの水回りで給水管から水漏れしているというトラブルは、水を使う場所全体に影響が出る可能性のあるトラブルです。原因として考えられるものは分かりやすいものもありますので、トラブルが起きた時にはまず確認するようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ